HP TechPulse APIの概要

HP TechPulse APIとは何ですか?

HP TechPulse APIは、RESTful Web APIであり、独自のコードを記述して、HP TechPulseプラットフォーム内のデータ、レポート、インシデントにアクセスすることを可能にします。アプリ登録プロセスを完了し、ユーザーまたはサービスの認証トークンを取得したら、HP TechPulse APIにリクエストを行うことができます。

HP TechPulse APIにはどのようにアクセスできますか?

  1. hptechpulseapi@hp.comにメールを送信して、developers.hp.comでビジネスユニットにご自身を追加してもらいます。
  2. developers.hp.comで「HP TechPulse Analytics API」にアプリを登録します。
  3. 送信後、アプリが承認されるまで待ちます。
  4. 弊社のチュートリアル「Accessing the API with Postman (Postmanを使用してAPIにアクセスする)」に沿って、APIの呼び出しを開始できます!

APIでは、具体的にどのようなデータを利用できますか?

HP TechPulseで提供されるすべてのレポートとインシデントが、APIで利用できます。

APIでのみ利用できる特別な機能やデータセットはありません。

APIでは、HP TechPulseに表示されるアイテムに、プログラムによってシンプルにアクセスできます。

HP TechPulse APIを使用して何を構築できますか?

可能性は無限ですが、考えられる使用例をこちらにいくつか紹介します。

  • アセットとインシデントを独自のITSMまたはヘルプデスクにプルする
  • 各自のビジネスインテリジェンスソフトウェアでデータを分析する
  • Microsoft Teamsと連携させて、チームチャネルで新しいインシデントの通知を受ける
  • TechPulseで得られる詳細情報を使用して、業務や職場を変革する
  • レポートやインシデントを予定表に自動的にエクスポートして、業務用サービス自動化/職場ソリューションと統合させる